海外のホテルを利用する際に注意しておきたいマナー

海外旅行を楽しむために、おさえておくべき海外ホテルのマナーとは?

海外のホテルを利用する際に抑えておくべきマナーとは?

多くの日本人は、旅行先でも自分でできることは、自分で対応してしまう傾向があります。ところが、この日本では当然とされている行為、海外のホテルではむしろ「マナー違反」になってしまいます! ここでは、海外ホテルでの荷物とチップについてご紹介します。

服装とマスクも日本人の感覚で着用すると大変なことに!?

こちらも日本人と海外の方の感性の違いが如実に表れる「マスク」と「服装」について。「服装」に関しては、常識の範囲内で考えればあまり失敗しないとは思います。 ただ「マスク」に関しては、近年、日本では独自の文化を持ちつつあるので注意が必要です。ここではその「服装」と「マスク」についてご紹介します。

レディファーストとブッフェは押さえておくべきポイントです!

これも日本の文化と少しかけ離れているので少し難しいかもしれない「レディファースト」。男性はもちろん日本人女性の多くがエスコートをされた経験があまりないので少しくすぐったいような感覚を持ってしまうかもしれません。 ここではその海外ホテルでの「レディファースト」と「ブッフェ」のマナーについてご紹介します。

日本人らしさが仇になる!?荷物とチップ

今や民間人が宇宙旅行に行ける時代。海外旅行は一般の人々にとって、かなり身近なものになりました。実際のところ旅行先によっては、国内旅行に行くよりも、海外旅行のほうが安いし近いというところが多々あります。

一方これほど海外旅行が身近な時代になったにも関わらず、多くの日本人は海外旅行に対して苦手意識を持っているようです。その理由はいろいろありますが、大きな理由の一つに「海外でのホテルのマナーがよく分からず、不快な思いをすることが多いから」というものがあります。

たとえば海外には「チップ制度」がありますが、ご存じの通り、日本にはほとんどありません。ですからたいていの日本人は、チップを渡すタイミングをはじめとする金額などチップに関すること全般が分からず、慌てふためきます。

その状態下多くの日本人は自分を恥じるとともに、周囲からも後ろ指を指されている気がして、ますます海外ホテルでのマナーに苦手意識を持つ…ような悪循環に陥るわけです。

一方考え方によっては、海外のホテルのマナーさえちゃんと押さえていれば、より一層海外旅行を楽しめるわけです。「海外のホテルのマナー」と聞くと肩苦しく思われるかもしれません。しかし実際のところは、日本人にとってあまり馴染みがないだけで、さほど難しいものではありません。

ここでは海外旅行の中でも特に多くの日本人が苦手としている、海外のホテルで気を付けるべきマナーについてご紹介します。